松山市フェンシング協会規約

第1章・・・総  則

  第1条  この会は松山市フェンシング協会という 

  第2条  この会の事務局は、その年度に選出された事務局員宅に置く。  

   第3条  この会はアマチュア精神に従い、会員

の技術向上、心身の健全な育成、並びに各種大会

の参加を目的とする。

  第4条  この会は以下に述べる役員および会員で構成する。

第2章・・・会  計

  第1条  この会の資金は会費、補助金および寄付金、その他の収入による。

  第2条  この会の資金は会計で管理する。

  第3条  この会の運営に必要な経費を負担する。

  この会の予算および決算は理事会の承認を得なければならない。

  第5条  この会の会計年度は4月1日に始まり翌年の3月31日に終わる。

  第6条  この会の会費は理事会にて決定する。

  第7条  下記の協会へ協会登録料を納付する。

  • 日本フェンシング協会登録料・・・日本フェンシング協会規定に準ずる。
  • 愛媛県フェンシング協会登録料・・・愛媛県フェンシング協会規定に準ずる。
  • 松山市体育協会登録料・・・松山市体育協会規定に準ずる。

第3章・・・役  員

   第1条  この会に次の役員を置く。

      会 長 : 1名、副会長 : 若干名

      理事長: 1名、理  事 : 若干名

      会  計: 1名、事務局員: 1名

   第2条   1)  会長はこの会の業務を整理し、この会を代表する。

           2)  副会長は会長を補佐し、会長に理由があるとき、

その職務を代行する。

           3)  理事長は日常の業務を掌握し、この会の運営にあたる。

           4)  理事は会員相互の意見を考慮し、理事長を補佐してこの会の業務を審議し執行する。

第4章・・・会  員

   第1条   1)  会員などは松山市在住または愛媛県に籍のある者が、この会に登録した日から資格を収得する(ただし、毎年登録更新を4月までにすること)

             2)  会員などは第2章 第6条、第7条で定める会費及び登録料納付の義務があり、それを履行しない場合は会員としての資格を失う。

第5章・・・事  業
   第1条   1)  各種講習会、各種行事、各種競技会の開催。
           2)  各種団体との共同事業の開催。
           3)  各種大会への選手の参加及び選手選考会の開催。
           4)  その他、この会の目的達成に必要と認められる事業。

第6章・・・会  議
   第1条   1)  この会の会議は理事会とする。
           2)  理事会は会長、副会長、理事長、理事で構成する。
           3)  理事会は会長が必要と認めた時または理事総数の1 / 3以上の要求があるとき、開催できる。
           4)  理事会の議長は理事長がそれに就く。
           5)  理事会は理事総数の1 / 2以上の出席により開催できる。
           6)  理事会の決議は出席者の過半数を持って決し、過半同数の場合は議長の定めるところによる。

第7章・・・理事会
  第1条  理事会は次にあげる事項を審議する。
           1)  予算及び決算。
           2)  規約の変更。
           3)  業務に関する事項。
           4)  その他、会長が必要と認める事項。
 
第8章・・・特別事項
   第1条  会長は会議の招集が著しく困難な場合に限り、書面により賛否を求め、理事総数の2 / 3の賛同を得て、会に代えることができる。
   第2条  この規約を変更する場合は、理事総数の2 / 3以上の同意を得なければならない。 

                     以上